このページの本文へ移動

貿易事業(三水株式会社)

直輸入がこれからの主流な形式に

中国の財政部など11部門が正式に発表した「クロスボーダー電子商取引小売輸入商品リスト」は、クロスボーダー電子商取引で輸入される商品に新税制が実施される準備が整ったことを意味します。今後は、クロスボーダー電子商取引小売輸入商品リストを新税制とよく照らし合わせて輸入するだけでなく、リスト以外の商品においても一般的な貿易課税政策や小包税政策が適用されます。

中国でクロスボーダー電子商取引輸入の黎明期に実施された個人的な物品に対する小包税の課税は敷居が低く、ベビー用品や食品、健康食品、化粧品など、昔なら500元以下の低価格で購入できていましたが、ポジティブリストが公開され、新税制が実施されることは、それらの個人消費の免税時代が終結することを意味しています。

自由貿易区の優遇もなくなり、直輸入がこれからの主流な形式になることが期待されています。しかし、ある業界関係者は、一見すると直輸入はすばらしいが、実際にはとても難しく、企業の物流能力が試される最大の試練だと考えています。

消費者にさらなる保障を提供する直送モデル

現在、クロスボーダー電子商取引が用いている2つの物流方式は、保税モデルと直送モデルであり、先に商品を用意するか先に注文を受けるかの違いで区別されます。保税モデルは、先に保税区に商品をストックし、消費者から注文を受けた後に配送します。直送モデルは、消費者から注文を受けてから中国国外の企業から商品を調達し、一括で通関手続きを行い、消費者のもとへ配達します。

明らかに、保税モデルは手間のかかるモデルであり、商品によっては輸入が制限されるものもあり、往々にして低価格の人気商品がメインになった場合、供給が追い付かないサプライチェーンのリスクは大きくなります。対して、直送モデルは、よりパーソナライズされた消費者に適応し、多様化する中国国外でのネットショッピングへの要求にも、安定して供給できリスクは比較的低いのです。

それ以外にも、直送モデルは全工程で密閉性と一貫性を有し、消費者に商品保障上の信用を与えます。直送モデルは絶対的に優位であり、将来の業界主流モデルになると予見できるのです。

中国国内の仲介人や企業に配慮して

日本国内事業

日本倉庫

埼玉本庄物流センター(埼玉県本庄栄)
千葉市川物流センター(千葉県市川市本行徳)

埼玉本庄物流センター

千葉市川物流センター

中国関連事業

取扱商品
三水株式会社はベビー用品、コスメ、健康食品、衛生用品を始め、幅広い商品を取り扱っています。

- 物流納期について -

基本的に、全商品は全て受注発注となります。
日本の倉庫からミナトまでは7日 → 海上14日 → 中国港から御社の倉庫までは7日

その他の事業